ハワイ島のロミロミスクール“Hale Ola” Alaka'i のblog

ローカヒロミロミのクムロミであり、カフナである デェーン・カオヘラニ・シルバ 主催のハワイ島にあるロミロミスクール”ハレオラ”のアラカイ(クム・デェーンの日本人アシスタント)クーレイナニ 由美子のブログです。

カテゴリ: ハワイ島観光

皆さま アロハ


今日はお問い合わせが多いマッサージライセンスについてお話しします。

ロミロミも含めて ハワイ州でロミロミやマッサージをしてお仕事とする場合 必ずマッサージライセンスと労働資格が必要となってきます。

全ての広告媒体にはマッサージライセンスナンバーの明記が必要となって来ますので ホームページや名刺にライセンス番号が表記されていないロミロミセラピストはライセンスを持っていない可能性があります。 ということはビジネス登録もしていませんし保険も加入していません。そして何より違法行為です。

唯一ライセンスが無くてもロミロミが可能な例が 文化的な習慣や継承のために行なっているネイティブハワイアンの方が行う場合となるため
すぐに判断がつく事と思います。あくまでこの場合はビジネス目的ではありません。

よくハワイに長期滞在をし ワークトレードで滞在をしている間にロミロミで収入にして生活をする 又は 学生ビザでアルバイトとしてロミロミで収入を得る事を考えている方が居ますが、ワークトレードというお金で無くても食事や住居などの何かしらの対価を受け取る行為もロミロミやマッサージを無資格で行い対価を得る行為も全て違法です。

この行為の一番の問題点は これから健全にロミロミをハワイに学びに来たい方達がこう行った違法行為をする方の積み重ねで 入国に際にロミロミと言うだけで働くと疑われたり、入国拒否 又は別室へ送られる事と繋がる事です。

未来の生徒さんが安全に心配なく入国がこれからも出来るように、こういった行為を軽い気持ちで行うことは辞めてください。

ハレオラではハワイ州のマッサージライセンスの発行やプログラムは行なっておりません。
あくまでロミロミという専門的な事を学ぶ場所になります。

そして 伝統文化を学ぶ場所ですので たまに生徒さんでスクール初日に本気のロミロミの場所なんですねと驚かれる方がいらっしゃいます。 そういった場合はカフェオーナーになりたい方がカフェの独立セミナースクールに行こうとしたら茶道教室へ入ってしまったような感覚の驚きに近いのかもしれません。

こちらのベーシックコースへ来られる方は茶道や剣道 柔道といった 道のつく伝統芸能に入門されると思って頂ければ スーッと理解が出来るかと思います。

まれにクムデェーンの写真を宣伝に使って良いかというお教室に入る前から聞かれる方もいますが、クムデェーンを自身のクムと呼ぶという事を理解して それなりの振る舞いと理解と責任が生じてくる事を考えて頂きたいと思います。

これからも 全く人の身体に触れた事がない方が 何かの直感とご縁でこのスクールを知り 人生に大きな変化を起こし、ハワイの叡智に助けられて 周りの人にもヒーリングの輪を広げていくキセキを見続けていきたいと思っています。
IMG_1368



ご理解ご協力をどうぞよろしくお願い致します。

皆さんアロハ

皆さん 大変お待たせ致しました
いよいよ年始からお部屋貸しはじめます。
(現在 仕上げの最中です!)

IMG_0352
IMG_0959
IMG_0956
IMG_0957
ベッドルーム1
IMG_0958
ベッドルーム2
IMG_0961



フルリノベーションを入れた一軒家の2階部分。
お部屋は2ベッドルーム。

一階は夫の両親の実家があるカウアイ島から遊びに来る際の滞在先ですが 普段はおりません。 一階と二階 ドア鍵別のプライベート空間です。

場所は ヒロのダウンタウンからも空港からも車で15分、ピイホヌアと呼ばれる 閑静な住宅街でヒロで一番大きな病院が側にございます。

ご近所さんはほぼ知り合い。

2軒隣が我が家がある、モアニケアラになっております。
お教室となるパビリオンも勿論モアニケアラの中なので、徒歩で通学可能です。


今までロミロミは習いたいけれど
滞在先の不安があった皆さま。

ようやく発表する事が出来とても嬉しいです。

皆さん お問い合わせお待ちしております。


IMG_0394

大家さんは こちらの夫の両親。
※写真はイスラエルへ行き 子供達の その楽器なあに?の質問に演奏と歌で答える義両親の図です。


カウアイ島の牧師の義父と元小学校の音楽、ウクレレの先生の義母。
滞在が重なった場合はもれなくウクレレと歌声付き、、、かもしれません。





皆さま アロハ!

クムデェーンが先日 72歳を迎えました。

誕生日当日はクムデェーンの自宅で今年は小さくゆったりとお祝いをさせて頂きました。

誕生日直後に始まったクラスの初日に

美味しいマクロビオティックを作るミッチーが美味しいバースデーケーキを作ってくれ

クムの愛する生徒さん達とみんなで再びお祝いする事が出来ました。

IMG_9605
お気付きの方もいらっしゃいましたが
なんとなく 72歳が27歳に変えるお茶目なクム。

FullSizeRender

本当に毎度お見事なケーキを作るミッチー。

ご馳走様でした〜

皆さま アロハ

ヒロの街が一年で一番賑わうメリモナークが昨夜幕を閉じました。


メリモナークの数日前、スタジアムのそばを車で通り過ぎると ’キモ フラ’ で知られている キモヘンダーソンフラ が聴こえてきました。
私達夫婦が管理する土地にまつわる曲が今年踊られるという興奮を抑えつつすぐにロミオハナへ聞くと 
クムチンキーのハーラウが踊ることが判明しました。

そこからは魔法のように全てが進み
八丈島のインストラクタータロちゃんに連絡するとすぐに クムチンキーのハーラウで踊っていたお友達に連絡を取ってくださって、そのお友達が翌朝にはクムチンキーへ電話をかけてくれたのです。

そんな私達の熱意と奇跡の重なりがあり 本番前の忙しいスケジュールの中、クムチンキー御一行が私達の管理する庭 モアニケアラへ来てくれることとなりました。

FullSizeRender
FullSizeRender

そして土地へダンスを奉納してくださいました。夫婦で喜びの涙が溢れて来ました。

まさに庭の部分を歌った曲、モアニケアラもメインとなるキモフラの入りと出の部分として使われていたのでした!

そしてもう一つの“偶然”は私達のやっている事が正しい方向なんだという事を祝福してくれたかのように,その日の天気は雨の予報が ピイホヌアには珍しいくらいの青空となってくれたのでした。

FullSizeRender
我が家の前で
FullSizeRender
こちらは旧ヘンダーソン邸宅前で


FullSizeRender

こちらの写真は本番直後 メリモナークの会場でダンサーの皆さんとの記念の一枚。 私の身につけているレイはクムチンキーから頂いたものです。そして着ている服は友人のシグゼーンのデザイナーが私達の活動とモアニケアラの植物にインスピレーションを受けてデザインをしてくれた ピイホヌアというシリーズです。
女性のラインも発売されました。
FullSizeRender


お友達を連れて庭仕事へ来たいとハーラウの皆さんが口々言ってくれ 本当に嬉しかったです。 

そして私達夫婦にとっては人生で忘れられない メリモナークの年となりました。

レイマカニが喜んでいます。

一緒に現場に居てくれてハーラウの皆さんにお食事を振舞ってくれた
ロミオハナ カーティスとミカさん。
ミカさんがその時の事を綴ってくれています。
どうぞご覧ください。




皆さま アロハ

キモ フラという曲をご存知でしょうか?



この曲の中に出てくるモアニケアラは
ピイホヌアというハワイ島ヒロの中にある地域の高台にあるのですが 

かつて キモヘンダーソンという方が所有していました。20エーカーを越えるその土地に12人の庭師がいたのですが

私ごとですがその一部に移り住みました。




そのミラクルのようなストーリーは長いのではしおりますが、
光とスピリットの声を聞いて クムデェーンに相談したら セレモニーをそのスピリットに答えるようにボルケーノのクレーターでしてくれて、、、、、という 

あれよあれよという間に決まりました。




その庭園はクムデェーンも所縁のあるのはもちろんの事 友人 ハウメアさんも住んでいたという、、、、、なんともなんとも偶然が重なる場所でした。

その土地をせっせとせっせと 光と風を入れて 手入れをして 庭仕事に勤しんでいるのですが

そんな庭仕事と土地との巡り合いの奇蹟を夫がFBに綴っていたところ、、、



友人のシグゼーンのデザイナーの方が 
私達のストーリーにインスピレーションを得て アロハシャツをデザインしてくれました。




突然の事で驚きましたが 本日から店頭+インターネットで購入可能です。




写真は先日 ロミオハナの皆さんとクラス後に行った おたまじゃくし救い大会

こちらはベーシッククラスのみんなでお散歩🚶

まだまだ かつて100年前 庭園だった時と比べると 全てがジャングル化していて しばらく時間はかかりますが 

少しづつ かつての曲が書かれた時のような美しさを取り戻せていければと思っています。

そして ハワイアンカルチャーの学習の場やヒーリングの場所に使って行きたいと思っています。


いつもクレーターに行くたびに このクムデェーンのミラクルを思い出します。

スピリットと対話をしてくれて プロトコルをおしえてくれて感謝です。

↑このページのトップヘ