ハワイ島のロミロミスクール“Hale Ola” Alaka'i のblog

ローカヒロミロミのクムロミであり、カフナである デェーン・カオヘラニ・シルバ 主催のハワイ島にあるロミロミスクール”ハレオラ”のアラカイ(クム・デェーンの日本人アシスタント)クーレイナニ 由美子のブログです。

カテゴリ: お知らせ

皆さまアロハ

今現在もインストラクターを目標に頑張っていらっしゃる方も多いと思います。

良く質問を受けるのですが、今後も一定の基準を明確にした上でインストラクターは産み出していきます。

一定の基準は マッサージライセンスのように、インターナショナルのハワイアンロミロミのライセンスを作るに当たり そちらの基準と揃うように書き起こしています。

現在クムデェーンとこの件で何度もミーティングを重ねているところなのですが その一部をご紹介します。



-ハワイアンロミロミと他のマッサージの違いを答えなさい。

-ロミロミをどのようにコミュニティーとシェアしていますか?
(年間最低30時間以上の地域貢献があるか)

-ロミロミとハワイアンバリユーについて繋がりを答えてください

-あなたのロミロミの系譜を答えてください

-ロミロミのセッションが終わる、クライアントがもう戻って来なくてよいのはいつですか?


-今までの施術経験の中でいくつかセッションのビフォーアフターの記録を提出してください。

-1000時間以上の家族以外の施術時間の記録を提出してください。

-技術確認

と言ったように 現在引き続きまとめています。

上記は一部なのですが 

今まではクムから声がかかった人というお伝えをしていたのですが、なかなか声がかからないと何が自身に足りないのかわからずに 努力を注ぐ方向が見えて来なかった方もいる事と思います。


そして 何よりも知って頂きたいのは インストラクターはロミロミを教える仕事をする人というよりは クムの手の延長線上になりクムのサポートをする、クムと同じ方向を見る人です。


例えば現在日本のインストラクター陣は 
社団法人を作り、

TMTについて、ハワイの文化、歴史、ハワイアンバリユーについての正しい知識を皆さんへ伝えていく事を目標にし、


理事が中心となりミーティングを重ね 記事を翻訳して ホームページを作り、日本全国で地域貢献を行い、ロミロミを通じて地域の皆さんの健康をサポート出来るように活動しています。

そして 学びは永遠に終わる事はなく ハワイに通い知識が錆びないようにする事を求められます。


読んでわかって頂けるとおもうのですが インストラクターになり 教えるお免状を貰っておしまい。ではなく 永遠にお勉強と直接収入と結びつかないやる事が出てきます。

もちろん クムが顔も名前も思い出せない、ハワイに渡航した経験もないインストラクターが居る事は決して起きないように
全てのクラスをクムから受講していただき出来るだけ時間を一緒に過ごしてクムのエッセンスを出来る限り吸収していただきます。



いかがでしょうか?

まずはハワイのTMTの問題から一緒にお勉強しませんか?
 
インストラクターの愛ちゃんが翻訳をしてFacebookに載せてくれています。

宜しければ是非社団法人ローカヒロミロミ ジャパンをフォローしてください。

マウナケア

IMG_9784
Before 
IMG_9785
After







皆さま アロハ 

6月3日
ロミの日に 日本のローカヒロミロミインストラクター中心となり
ローカヒロミロミジャパン社団法人を設立となりました!

嬉しいニュースの連続です。
IMG_7138



今現在はインストラクターのみの登録となっていますが これから日本中にいる何百人という数のクムデェーンのスタイルを受け継ぐ生徒さん達が任意で登録をする事で 
ローカヒロミロミのスタイルが好きな方が全国どこへ行っても充実した施術が受けられるようにこちらのホームページから検索可能になります。

これからローカヒロミロミを受講してみたい方には全国のインストラクターが一目瞭然で
どのインストラクターがどのクラスを受講し、ハワイ島に最近いつ講習に来たかが明確になり 先生を選択しやすくなります。

オハナの皆さんにとっては
メールマガジンなどでハワイ島やクムの様子、特別講習や練習会、全国で行われるイベント参加の情報など わくわくするロミロミライフをサポート出来る様になりました。
クムデェーンの生徒さんの人数が多いからこそ経験出来る色んなことをしていく予定です。
お楽しみに!

理事長は
2つの幼稚園の園長先生をしながら ロミロミをし、いつも200%のスピードで物事をすすめてくれる毎年欠かさずハワイ島でクムの講習を受講する
嘉門玲子さん

IMG_7139


他の理事はまた順にご紹介致します。
お楽しみに!

皆さま アロハ

我が息子がこの世に産まれた同日におめでたい事がありました。

スイスのローカヒロミロミのインストラクター、クム ノエルとスイスのオハナ達の働きかけによって

スイスで彼女達のロミロミが健康保険の適用になりました!

ここまでたどり着くまで沢山のステップがあり課題がありました。沢山の臨床結果を提出しました。

それを乗り越え 歴史的な一歩となりました。

スイスでローカヒロミロミのクリニカルな部分も含めて認めてもらったという事実が嬉しいです。

そんなスイスチームから息子への贈り物が届きました。
10月に御一行がハワイ島入りし 一緒にロミロミカンファレンスに参加し過ごします。
このスイス服を着て会うのが楽しみです。

IMG_6759


スイスのノエルのサイトです。

皆さまアロハ

3月28日発売の雑誌 ヴァンサンカンのハワイ島の紹介で掲載して頂きました。
FullSizeRender


撮影はちょうど1ヶ月前くらい。
既にお腹の膨らみが隠せない妊婦丸出しでしたが、笑顔が印象的な素敵なカメラマンさんのご考慮で素敵に撮って頂けました。感謝です。

ロミロミモデルはインストラクター萌ちゃんのハワイ島在住のアンティーまいこちゃん。
サーフィンで鍛えた素敵な肉体。
これからも全ての撮影のモデルをお願いしたいくらい 一押し筋肉美です。
いつか皆さんのヨガのクラスもリードしてくれる事と思います。


FullSizeRender

ちょうど姉夫婦がシンガポールに移住の日と発売日が重なり、 午前中のフライトの前に空港から雑誌を購入して写真を送って貰いました。
忙しい中 ありがとう!


周りの方にアドバイスを頂いてはいましたが、ついつい後回しにしていた妊娠中の思い出作り。

このような形で機会を頂いてとても良い記念になりました。

オアフ島のコーディネーターさん
25ansの編集の皆さま

ありがとうございます。

是非皆さんお手にとってご覧ください。

皆さま アロハ


今日はお問い合わせが多いマッサージライセンスについてお話しします。

ロミロミも含めて ハワイ州でロミロミやマッサージをしてお仕事とする場合 必ずマッサージライセンスと労働資格が必要となってきます。

全ての広告媒体にはマッサージライセンスナンバーの明記が必要となって来ますので ホームページや名刺にライセンス番号が表記されていないロミロミセラピストはライセンスを持っていない可能性があります。 ということはビジネス登録もしていませんし保険も加入していません。そして何より違法行為です。

唯一ライセンスが無くてもロミロミが可能な例が 文化的な習慣や継承のために行なっているネイティブハワイアンの方が行う場合となるため
すぐに判断がつく事と思います。あくまでこの場合はビジネス目的ではありません。

よくハワイに長期滞在をし ワークトレードで滞在をしている間にロミロミで収入にして生活をする 又は 学生ビザでアルバイトとしてロミロミで収入を得る事を考えている方が居ますが、ワークトレードというお金で無くても食事や住居などの何かしらの対価を受け取る行為もロミロミやマッサージを無資格で行い対価を得る行為も全て違法です。

この行為の一番の問題点は これから健全にロミロミをハワイに学びに来たい方達がこう行った違法行為をする方の積み重ねで 入国に際にロミロミと言うだけで働くと疑われたり、入国拒否 又は別室へ送られる事と繋がる事です。

未来の生徒さんが安全に心配なく入国がこれからも出来るように、こういった行為を軽い気持ちで行うことは辞めてください。

ハレオラではハワイ州のマッサージライセンスの発行やプログラムは行なっておりません。
あくまでロミロミという専門的な事を学ぶ場所になります。

そして 伝統文化を学ぶ場所ですので たまに生徒さんでスクール初日に本気のロミロミの場所なんですねと驚かれる方がいらっしゃいます。 そういった場合はカフェオーナーになりたい方がカフェの独立セミナースクールに行こうとしたら茶道教室へ入ってしまったような感覚の驚きに近いのかもしれません。

こちらのベーシックコースへ来られる方は茶道や剣道 柔道といった 道のつく伝統芸能に入門されると思って頂ければ スーッと理解が出来るかと思います。

まれにクムデェーンの写真を宣伝に使って良いかというお教室に入る前から聞かれる方もいますが、クムデェーンを自身のクムと呼ぶという事を理解して それなりの振る舞いと理解と責任が生じてくる事を考えて頂きたいと思います。

これからも 全く人の身体に触れた事がない方が 何かの直感とご縁でこのスクールを知り 人生に大きな変化を起こし、ハワイの叡智に助けられて 周りの人にもヒーリングの輪を広げていくキセキを見続けていきたいと思っています。
IMG_1368



ご理解ご協力をどうぞよろしくお願い致します。

↑このページのトップヘ