ハワイ島のロミロミスクール“Hale Ola” Alaka'i のblog

ロングライフロミロミのクムロミであり、カフナである デェーン・カオヘラニ・シルバ 主催のハワイ島パラダイスパークにあるロミロミスクール”ハレオラ”のアラカイ(クム・デェーンの日本人アシスタント)のブログです。

Facebookをご利用の方はこちらもご覧ください。 https://www.facebook.com/Haleolabigisland

皆様こんばんは
こちらハワイ島ヒロではもうすぐ始まるメリモナークに向けて熱気が高まっています。

そんな中 私は日本に里帰りです
そしてこんなツアーを企画をしています。

⚪︎ロミロミをハワイ島に習いに来るのには少し遠いけれど 少し会ってクラスについて聞きたい。
⚪︎マイレージがたまってるから八丈へ観光ついでに2人に会いに行くわ〜!
⚪︎本気で復習がしたいです。
⚪︎家族と行って私だけ復習会参加します。

どんな方も大歓迎です
以下が詳細です。
↓↓↓

八丈島の観光大使 &ドルフィンスイムのたろちゃんと行く
"東京からあっという間に大自然八丈島ヒーリングツアー"のお知らせ

1.八丈島ヒーリングツアー
2.島民と触れ合いイベントロミ
3.レベル1の復習会 
(私とタロちゃんで指導に入ります。)

こちらの3つを2日間で行います。
※1だけの参加が可能です!

簡単な行程
4月18日(土)朝1便にて八丈へ
7:30羽田発ー8:30八丈島空港着

-島内観光
-島の美味しいランチ

午後選択
A.復習会
B.ラウハラブレスレットORアシタバチーズケーキ作り(お茶付き)
C.ハイキング
(※B•C ¥4000)

夕方
-温泉

-美味しい島料理&宴会
-宿泊先へ移動

-島の源泉水汲み(美味しい軟水)
-滝に行ってエネルギーワーク

午前中
A.復習会
   -島民と触れ合いロミロミ
B.自由行動

お昼
-みんなでランチ

午後
-島の植物を編むレイメイキング
-美味しいカフェへ

夕方
-5:30 八丈発 6:30 羽田着

参加費用
復習コース参加の方 12000円
(レイメイキング込み、お土産付き)

ヒーリングツアーのみ参加 5000円
(ツアー、空港送迎込み)
※ロミロミ未経験 お友達の方 八丈に興味のある方にオススメです。

※ヒーリングツアーのみに参加の方も
オプションでレイメイキングに参加可能です。追加2000円

交通
往復飛行機1泊朝食付き
28000円〜40000円が目安になります。
ホテル・民宿などご希望により選べます。

(お申込み)
たろちゃん
までお願い致します。

マッサージベッド4台につき
定員8名様です。

・島のみなさんとロミロミで交流
・植物育ててる所を見学
・通常の観光では味わえない島内の交流
この3つが可能なのはタロちゃんのツアーならではです!

ハワイ島にそっくりな自然豊かな八丈島 この機会に是非訪れてください。

☆更にレベル1復習会に参加した皆様には
1.ティリーフの御守り 
2.浄化にもポケにもぴったりハワイ島のお塩
  ↑この2点のお土産付き!

お問い合わせお待ちしています!

写真は八丈島の様子です!

皆様おはようございます!

ある日のLevel2Aの朝の様子です。

シーツは毎日バケーションレンタルに持ち替えりお洗濯をして乾燥機をかけたものをセットします。
そしてクムが来る前にお教室を綺麗にお掃除をします。


クムが来たら昨日の感想などをお話します。
そしてクラスがスタートします。

クムから直接指導を受けます。


続く

皆様いかがお過ごしでしょうか?

先日こちらではlevel2Aのティーチャーズトレーニング
そしてLevel2Aのクラスが終わりました。
(ワークショップの様子はまたゆっくりご報告させていただきます。)

ワークショップが終わった翌日は

日本在住初となったLevel2Aのインストラクター 金沢のプアラニスパのオーナーセラピスト 嘉門玲子さんhttp://pualanispa.wix.com/school
と クムとクムの奥様のパムさんと四人で
ハワイ島の温泉へお出かけました。

祝日だったにも関わらず他には誰も居なかった為四人でのんびり過ごしました。

私と玲子先生は そのあと海にもジャボン

帰ってからは滞在先のバケーションレンタルへ移動し
ワークショップが終わり観光に出かけていた生徒の皆さんも戻り みんなで日本に帰国前最後のお食事をしました。


そこで思いがけないサプライズ。
生徒さんからレイを頂きました。

特に玲子先生はlevel2Aの一週間の間
お教室で授業が終わってからも滞在先に戻って眠るまで みっちりと毎晩2人の指導にあたってくれました。

生徒さんのalohaの気持ちのレイをかけられた玲子先生はとってもとっても嬉しそうでした

続く







↑このページのトップヘ