ハワイ島のロミロミスクール“Hale Ola” Alaka'i のblog

ロングライフロミロミのクムロミであり、カフナである デェーン・カオヘラニ・シルバ 主催のハワイ島パラダイスパークにあるロミロミスクール”ハレオラ”のアラカイ(クム・デェーンの日本人アシスタント)のブログです。

Facebookをご利用の方はこちらもご覧ください。 https://www.facebook.com/Haleolabigisland

ローカヒロミロミティーチャーズトレーニングが終了しました。

オーストラリアで初のインストラクターになるにあたり、昨年度から自分がそのような立場になるのがふさわしいのかどうかという不安と、プレッシャーのようなものの間に挟まれていた状態でしたが、私が出来ることを少しずつ行う事で、本物のハワイアンヒーリングをオーストラリアの地で広めて行くことに覚悟が出来ました。

TTクラスでは、クムとの交流の中で、ハワイアンの文化や、ローカヒロミロミのことなどをより深く学ぶことが出来、今後生徒さんへそれを伝えることの勉強になりました。クムへロミロミをさせていただく機会では、緊張はしたものの、伝授していただいた技を感謝の気持ちを込めて施術させていただきました。

TTクラス後にはアラカイYumikoさんのKe Kumu ベーシッククラスに神戸芦屋のインストラクターになるKanakoさんと共に、サポートとして入ることが出来、技術の再確認もしながら、どのように伝えることがベストなのか、インストラクターとしての立ち位置を学ぶことができました。

インストラクターになる事で、人一倍動き、常に学びながら生徒さんと共に成長させてもらえる存在でい続けなくてはいけないという事が分かりました。

今後もハワイ島のハレオラと、オーストラリアを繋ぐ架け橋でい続けられるように頑張っていきたいと思います。そして、オーストラリア国中にローカヒロミロミが広まるように、ゆっくりでも着実に進んでいきます。

クムデェーン、アラカイYumikoさん、パムさん、共に学んだKanakoさん本当にありがとうございました。




Yumiko Suzuki Wong

ゆみちゃん、アロハー!
日本に到着して慌ただしい日常に戻りました。
ハワイ滞在中は本当にお世話になり、幸せで贅沢な時間を過ごさせて頂きました。
ありがとうございます😊

生徒さんの引率もあり、再受講になりました。レッスンは受ける度に新しい発見や学びがあり、理解が深まりロミロミの素晴らしさを痛感します。


引率の生徒さんも、Kumuさんに会い、直接ハワイの土地や文化に触れることで、大きく成長する姿を見せてくれるので、初めて会った時からの年月を思い出すと、一入の思いです。


今回は自分のクライアントさんのケアについてのヒントもレッスンの中で学べた事。また、乳ガン等の治療後のケアロミロミについての大切さや、予防ケアの事はとても興味深く勉強させて頂きました。


近い将来、女性のクライアントさんへの乳房ケアロミロミをやって行きたいと思います。



また、Kumuさんからのサプライズでレイメイキングをやらせて頂いたのは、とても感激してしまいました。
レイメイキングは日本でも学んでいましたが、Oliをみんなで言いながら編むスタイルは中々経験出来ない事のひとつ。どのシーンをとっても、上辺だけじゃないネイティブのハワイがそこにありました。


ハワイでレッスンを受ける事は、ハワイアンスタイルを真似るのではなく、本物を肌で感じることが出来る貴重な体験になります。


日本でレッスンを受けてくれている生徒さん達にも、是非体験して欲しい、シェアしてあげたい、ハワイに来るといつもこんな風に感じます。


日本に戻り、技術だけでなく、ハワイで感じて来た事を出来るだけ沢山お客様や生徒さんに伝えて行きたいと思います。

よろしくお願いします。


クムロミまなさんがロミロミをしていると いつもクムの姿を思い出します。

特に!

身長の小さいオハナの皆さんで身体の使い方に悩んでいる皆さん  クムのスタイルを学びたい方は まなさんのところへどうぞ!!!

カウンセラーのバックグラウンドがある彼女だからこそ ゆっくりお話を聞いてもらいたいオハナの皆さん 是非一度受けに行かれてください:)
おススメです。





皆さま アロハ

キモ フラという曲をご存知でしょうか?



この曲の中に出てくるモアニケアラは
ピイホヌアというハワイ島ヒロの中にある地域の高台にあるのですが 

かつて キモヘンダーソンという方が所有していました。20エーカーを越えるその土地に12人の庭師がいたのですが

私ごとですがその一部に移り住みました。




そのミラクルのようなストーリーは長いのではしおりますが、
光とスピリットの声を聞いて クムデェーンに相談したら セレモニーをそのスピリットに答えるようにボルケーノのクレーターでしてくれて、、、、、という 

あれよあれよという間に決まりました。




その庭園はクムデェーンも所縁のあるのはもちろんの事 友人 ハウメアさんも住んでいたという、、、、、なんともなんとも偶然が重なる場所でした。

その土地をせっせとせっせと 光と風を入れて 手入れをして 庭仕事に勤しんでいるのですが

そんな庭仕事と土地との巡り合いの奇蹟を夫がFBに綴っていたところ、、、



友人のシグゼーンのデザイナーの方が 
私達のストーリーにインスピレーションを得て アロハシャツをデザインしてくれました。




突然の事で驚きましたが 本日から店頭+インターネットで購入可能です。




写真は先日 ロミオハナの皆さんとクラス後に行った おたまじゃくし救い大会

こちらはベーシッククラスのみんなでお散歩🚶

まだまだ かつて100年前 庭園だった時と比べると 全てがジャングル化していて しばらく時間はかかりますが 

少しづつ かつての曲が書かれた時のような美しさを取り戻せていければと思っています。

そして ハワイアンカルチャーの学習の場やヒーリングの場所に使って行きたいと思っています。


いつもクレーターに行くたびに このクムデェーンのミラクルを思い出します。

スピリットと対話をしてくれて プロトコルをおしえてくれて感謝です。

↑このページのトップヘ