ハワイ島のロミロミスクール“Hale Ola” Alaka'i のblog

ローカヒロミロミのクムロミであり、カフナである デェーン・カオヘラニ・シルバ 主催のハワイ島にあるロミロミスクール”ハレオラ”のアラカイ(クム・デェーンの日本人アシスタント)クーレイナニ 由美子のブログです。

皆さんアロハ

第二子出産を終え、1週間が経過しました。
出産前後に励ましのお言葉やお祝いのお言葉を送ってくださった皆さま、本当にありがとうございます。

自宅出産は我が家では3回目
全て同じミッドワイフ(ナースプラクテショナー)の方にお願いしました。
アメリカのナースプラクテショナーという資格は医師と看護師の間のような存在で診断、診察、薬の処方が出来ます。

1回目は2018年11月 甥っ子の誕生立ち会い
2回目は2019年の5月 第一子水中出産
3回目が2022年5月 今回の第二子水中出産となりました。


この出産の選択をする所がローカヒロミロミ、クムデェーンのスタイルが染み込んだ私らしいものだと思うのは、

・まずは西洋医療を否定ではないという所。
いざという時には自宅から5分もかからない所にヒロで1番大きな病院がある事。

ミッドワイフの方がナースプラクテショナーであるということ。ミッドワイフとしての経験も多く、(メインランドからミッドワイフの経験を積みに生徒さんがアシスタント希望でくるほど。)いざという時に最善の選択、診断が出来るお産のスペシャリストな事。

でも出来る限り麻酔、陣痛促進剤なし希望。
そして環境重視、リラックス出来る自宅での出産を希望。

クムデェーンは歯医者での治療も麻酔を断り、自分で鍼を使って痛みをコントロールするほど。
病院での慣れない環境でコードに繋がれて限られた姿勢での出産は身体にも緊張が走る事から。
(お産はリラックスする事が大切になります。)

状況によっては母子の安全を考えるとこういった選択肢が取れない場合もあるので、何が良い悪いではなく あくまで与えられた選択肢の中で何を選ぶかなのですが、幸い出産まで問題が起きずに希望通りのお産をする事が出来ました。


そして よく第一子が水中出産だった為
また水中出産を希望ですか?と聞かれたのですが、、
水中出産を希望していたわけではなく、あくまで結果そうなりましたというのが回答になります。

というのは 第一子の時は夫がバーススツールを作ってくれたのでせっかくなのでその椅子を使って産む気満々だったのですが、ミッドワイフに促されてバースプールの中に入ったら即身体が緩んで息子がスルッと出てきてくれました。
そのため水中出産になりました。

第二子も 今度こそはリベンジで夫の手作りのバーススツールを使おうと用意をしていましたが、キッチンのカウンターの前で3分以内の本陣痛になってしまい、ミッドワイフが到着した時にはこのままキッチンの前で立ったまま出てくるんじゃないかと思われていたようで、急いでプールへ促されて1時間後にプールの中で出てきてくれました。

水中出産という名前があると、なんだか特異なお産なのかと思ってしまいますが、あくまで陣痛の痛みが水の力で緩和され、母体が緩むのを助け、お産がスムーズに行く手段の一つとしてそれがお水だったという事です。
そして子供がそのタイミングで出てきたので水の助けで産まれましたよ、というのが私の水中出産の見解です。

お湯の中に入ると陣痛がふわーっと溶けたように一瞬無くなり、羽が生えたようにプールでニコッとしたくなるほど。ミッドワイフ、アシスタントの方、夫は勿論服を着たままプールの周りで見守る中、裸の私は子供の様に大の字に。

こういった束の間でも自然な方法で陣痛緩和が出来るのであれば 例えば鍼を使っていたら “鍼出産”なるネーミングも流行りそうですが、今のところお水(暖かいお湯)が皆さんに利用しやすい方法な様で水中出産というネーミングが自然分娩にくっついて出てくるのかもしれません。


そんなこんなで 結果第二子も水中出産となったのですが、今回もバースプールに感謝でした。
私は2回の出産共にお産の前に急激に寒くなってガクガクブルブル震えるのですが、暖かいお湯は本当にブランケットをかぶるより最高でした。

お湯以外に自然な方法で陣痛緩和、母体をリラックス出来る方法を見つけた方は是非お知らせください。


次回は 第二子妊娠中の経産婦の方でタイムラインが知りたい方用に ”とある高齢出産の経産婦の陣痛タイムラインの一例“を書きたいと思います。

FullSizeRender

皆さま アロハ

過去にも何度か触れてきている話題かもしれませんが
メリーモナークウィークが終わり、ハワイ語の熱が皆さんが上がっているところで、オハナの皆さんにどうしても気をつけて欲しいのが 魚の切り身に味をつけたハワイの伝統料理の発音。

IMG_5954
※左下の料理。


ハワイ語ではポケなのですが
英語圏の人がPokeを読むと、Eをイと発音する為
ポキというハワイの伝統料理がハワイ語名ではない外国人風な呼び名になっております。


例えて言うなら

皆さんご存知の ポケモン
外国人がPokemon を ポキモンと呼んでいるのを聞いた事があると思います。(そうならない様にEの上にアクセントの記号をいれているそうですがそれでもポキモン。)
IMG_8258
ポケモンがポキモンになる分にはそこまで気にならないかもしれませんが、これが日本の伝統文化のものでしたらいかがでしょうか?

カメハメハ(Kamehameha) はみんなカメハメハと正しく言えるのに、(英語圏の人はそのまま読む方はカミハミハと発音します。)

何故かポケは発音はポキ
そんな寂しい事態がネイティブハワイアンの前で起きない事を願っております。

ハワイ文化、ロミロミを行なっているオハナの皆さんだからこそ、文化的な部分に繊細でいて欲しいと思います。


またハワイ語のお勉強を皆さんがこの先進めていく中で、現在ハワイ大学なので行われているハワイ語教育は一度ほぼ消えてしまった言語を復活させて教育を行なっております。

その知識を元に ネイティブハワイアンのクプナ(年配者)たちに 「そのハワイ語間違ってる!」なんて言うのはもってのほか。

そもそも言語は地域によって方言や変則などがあってあたり前のもの。
クプナ世代が使ってきた言語、それが紛れもない生きたハワイ語なのです。



こういった間違えを冒さないように、先人への敬う心と文化への配慮をいつも持っていきたいと思っております。

皆さま アロハ!

今年は一般公開(人数限定)はホイケナイトのみで
その他はハーラウ関係者のみとなり、私は自宅でのんびり観ることになりました。

臨月なのでいずれにせよ御手洗いが近いので自宅でのんびりがベストでしたがやはり会場の空気は別物。

IMG_8233
メリモナークの週は夫の職場もALoha Attire
のドレスコードがあり 皆さんがおめかしをして出勤しています。

この日は八丈のインストラクタータロちゃんが行なっている高校生のハワイとの交流プログラムからお世話になり、そのご縁で家族ぐるみで仲良くさせて頂いている、クムペレ&クムケコア夫婦のケイキハーラウのステージを家族で見て参りました。

ここのハーラウのユニークな点は、全ての教えがハワイ語オンリーで行われている事です。
(年配のハワイアンのクム達の多くはハワイ語を学校で話すと罰せられていた過去があり、その為母国語を失い英語で教えているハーラウが多いのが悲しい現実です。)

皆さんも中継を観ていらっしゃった方は、ミスアロハフラのインタビューやそのクムのお話を中継で観ていても、今後も“ハワイ語を話す事”というハワイアン文化継承の軸になる部分がより大切にされていく事が受けて取れたと思います。


メリモナークの週はスタジアムで行われるコンペティション以外にも街中で色んなフラのステージやハワイ文化に触れる機会があるので、チケットが手に入らなくてもとても充実した時間が過ごせます。

IMG_8045
こちらはシビックのクラフトフェアへ、スイスのインストラクター アンジェラと息子と行って参りました。息子はすっかりアンジェラに懐いて、アンジェラの作るスパゲッティやリゾットをペロリと美味しそうに平らげ、一緒に遊んで貰い本当に助かりました。

アンジェラは生徒さんにパレオを購入し、
私は息子とこれから出てくる娘用のアロハシャツやスカートを購入しました。

そして義母と息子とヒロハワイアンホテルにステージを観に行ったり。
連日の様にお出かけして参りました。

メリモナークが終わると今度はいよいよ出産支度。
それと同時に子供の日の用意と息子の誕生日の用意!

段々床の物を取るのが「よっこいしょ」といった感じになってきましたが 自宅を整えて新しい家族を出迎えたいと思います。


産後は少し頭が曇っている可能性があると思いますので何か大切なご相談連絡は産前にお願いします
IMG_8214

↑このページのトップヘ