ハワイ島のロミロミスクール“Hale Ola” Alaka'i のblog

ローカヒロミロミのクムロミであり、カフナである デェーン・カオヘラニ・シルバ 主催のハワイ島にあるロミロミスクール”ハレオラ”のアラカイ(クム・デェーンの日本人アシスタント)クーレイナニ 由美子のブログです。

皆さま アロハ

ハワイ語の授業を受け始め、ふいに聴こえるハワイアンミュージックが 以前よりも耳に入る言葉が多くなった事に喜びを感じている日々です。

とは言っても100を目指す工程の 0から1にもなっていない段階ですが 
この0から1というのが大きいなと思うのです。

例えば 1週間のベーシックのクラスで
1週間前は全く人に触った事がない方が7日目には2時間のロミロミが出来る喜びと似ているんではないかと思います。

とにかく嬉しい。
急に取り巻く世界が変わったような感覚です。

IMG_1119


私自身は口から生まれて来たと母に言われたほどお話が大好き。

そして 記憶力が良い訳でも地頭が良い訳でもありませんが 異言語の空間が大好き。

 いつか一コマだけでいいから時間を作ってハワイ語の授業を取りたい。と夢を見ながら自主学習をしつつ 時間は過ぎて

ようやく時間のゆとりが出来た今のタイミングで実現いたしました。

なんという幸せ。 学びたい事を学べる幸せ。

ロミロミを学びにいらっしゃっる生徒さんが何年も前から受けようと思っていてようやく受講が出来て嬉しいと言ってくださった言葉が頭をよぎり  同じ気持ちなんだなと また嬉しくなりました。


それにしても 乳飲子を抱えてあらまあどうして?と思われるかもしれませんが

子供をハワイ語で教育を行う学校に保育園から通わせる事を希望しているため 家庭内でもハワイ語の環境が望める家庭から入園の優先順位となっている事から

待機児童75人、ネイティブハワイアンの血が入っていない子供をどうしたら入れてもらえるかと考えると 最低でも面接である程度のハワイ語の受け答えが出来るようになる事が当面の夫婦の課題となったからです。

そうなんです、夫婦の課題!

あんなに言語のお勉強が苦手な夫が毎晩少しづつハワイ語を勉強をしているのを見るのは驚きです。

私は子供を寝かしつけてから 夜間の授乳の合間に。睡魔に負けないように寝かしつけて。


私の半分の年であろう若くて可愛い素晴らしいクラスメイトが我が子を抱っこしてくれる間に ロミの授業で休んだ分のノートを取らせてもらい 先生が来るまでに宿題のわからない部分を教えてくれるという

幸せな学生生活です。
IMG_1151

授業を休むととんでもないことになるので
ロミロミのクラススタート時間を少しずらしました。

平日のみ10:30-スタートになり終わる時間もずれます。



いつか授業で学んだ事を皆さんに還元できる事を楽しみにしています。



皆さんも今まで夜中まで練習していたのを朝練に変えて頂ける健康的なスケジュールとなりました。夜はゆっくり寝て身体を休ませてください。



8/26からの一週間。
ハワイ島Hale Olaにてローカヒロミロミベーシッククラスを受講し、無事修了することができました。

元々、セラピストを目指すきっかけとなったロミロミでしたが、自分が望む師やスクールに出会えぬまま、7年以上の歳月が流れていました。その後、Hale Olaインストラクターも務めるセラピストの友人と導かれるように出会い、彼女と同じ場所で学ぶことを志してから2年、今回、漸く参加することができました。

友人から話は聞いていたとは言え、初めてのハワイ島、初めて学ぶロミロミ、初めて会う方々との共同生活…と初めてだらけで不安でいっぱいでしたが、そのような不安は全く不要でした。

まず共同生活ですが、会うべきタイミングで集まる方々だと思いますので、心配される必要は全くなしです。(私自身、心配していた過去の自分に教えてあげたい。)
クラス会場にもとても近く、綺麗で快適なバケーションレンタルで、全く不自由なしの楽しい共同生活でした。

ロミロミ技術に関しては、身体の使い方から技術まで、ユミコさんがきめ細やかにご指導してくださりますし、クラス後にクラスメイトと練習もできるので、初心者の私でもモチベーション高く頑張れました。技術はもちろんですが、クライアントにも心地よく、セラピスト自身にも最も負担の少ない身体の使い方を徹底して教えて頂けます。初めてロミロミを学ぶ場所がHale Olaであったことは、とても幸運だったと思います。
そしてMoani Ke Alaで練習できるという贅沢さ!自然に囲まれた、あんなに贅沢な練習環境はどこを探しても無いのでは?ハワイ島のエネルギーを全身で感じながら練習したあの時間のおかげで、日本帰国後もそのエネルギーを感じながら施術や練習できています。

忘れてはならないのが、技術と同じくらいの時間をかけた、ホオポノポノ。
ホオポノポノを通して自分と深く対峙していくプロセスは、セラピストとしての在り方、軸について改めて考えさせられる時間でした。(まぁー泣いた泣いた…!)
ホオポノポノを通して、心に抱えていたものを手放していくほどに、顔つきも身体も変わっていったクラスメイトたち。
日に日に輝きを増していった彼女たちの姿はとても美しく、印象に残ったと同時に、セラピストとしての目標を改めて心に刻めた瞬間でした。

加えて、ネイティブハワイアンの方々が講師として来てくださったハワイアン文化の授業では、ハワイアン文化、そしてハワイアンの方々が大切にされてきた思考について理解を深めるきっかけとなりましたし、ロミロミもハワイアン文化のひとつであることを実感する機会となりました。ハワイアンの方々が伝承してきた文化を、ハワイ島の大地の元で直接教えて頂けることは本当に貴重です。文献で読むのでは絶対に受け取れないであろうことを、彼らの言葉からたくさん受け取りました。(きっと驚きがたくさんあります。)

技術、エネルギーワーク、ハワイアン文化。どれもとても一週間で学び切れるものではなく、今後一生を通して学んでいきたいと思えるものでした。長い時間をかけて学んでいきたいと思えることに出会えてとても嬉しいし、この学びを少しずつセラピストの仕事を通して還元していきたいと思いました。

Hale Olaで与えて頂いたものは、全身で受け止めても溢れてしまうほど深く、想像を遥かに超えて充実した一週間でした。

ハワイアンの叡智とも言えるLomi Lomiを、国を超えて伝承してくださるクムデェーン。修了式でホニを交わしたときに感じた威厳と大きな愛が忘れられません。

細やかな技術指導はもちろん、ホオポノポノを通して、玉ねぎの皮を1枚1枚剥いていくように、私たちが少しずつ自身と対峙し、抱える問題の本質の発見、解決へ辿り着けるよう導いてくださったユミコさん。

古くから大切にされてきたハワイアンの教えや文化を教えてくださった、アンクルハワード、ノエノエさん、タケオさん。

私たちの講義がより充実したものになるよう、手を差し伸べてくださった、パムさん、マミさん、マイコさん。

そして、一週間、朝から晩まで共に過ごし学んだみんな。

多くの方々のおかげで、かけがえのない一週間となりました。皆さんに心からの尊敬と感謝を。ありがとうございました。

もしも受講を迷われている方がいらしたら、是非ご参加頂きたいです。ハワイ島に到着してしまえば、きっとその不安も消えていくはず。最終日には、心から満足されていると思います。
IMG_0193


皆さまアロハ!
あっと言う間にもう9月が終わろうとしています。

書きたいことがいっぱいありますが 我が子が寝ている間にざっくりと近況をお伝えします。

まずは先月8月末に行った産後はじめてのクラス
FullSizeRender
IMG_0102
IMG_0098
IMG_9975

そして ナースの為の癌の方へのロミロミを学ぶ 
キャンサー ロミ のクラス
IMG_0643
IMG_0473
IMG_0647

そして
クラスの間には法政大学の学生が
ハワイアンカルチャーを学びにモアニケアラへいらしてくださいました。

クレアナについてお話させて頂きました。

IMG_0728



IMG_1025
そしてクリニカル①


FullSizeRender
溶岩噴火の影響で枯れてしまっていたアンクルのファームに緑が戻ってきたとの事で行ってまいりましたね。
FullSizeRender
アンクルハワードの案内で溶岩を見に行きました。
IMG_0980

まだまだ煙が出ています。
IMG_0914

座ったまま行えるロミノホ
FullSizeRender
解剖の授業も楽しく出来ました。


あっという間に1か月。
皆さんの優しさと寛大さに支えられて クラスを行うことが出来ました。皆さんの笑顔とロミロミに癒されました。

感謝しています。

マハロ!!!!!



↑このページのトップヘ